OPIEの特色

  • 光関連の専門展示会としては国内最大級の規模を誇ります。新年度が始まるにあたり、研究開発・商品開発の課題を解決する為のソリューションを求めている技術者・購買関係者が来場されます。
  • 学術的な国際会議と連携している国内唯一の大規模展示会で、レーザーや光関連の大学・研究機関・企業のトップレベルの研究者・技術者が国外・国内から参集します。アメリカの光協会であるSPIE、OSAはもちろん、中国の光協会CIOEも参画します。欧米のパビリオン出展やアジアの新興メーカーの出展もあり、国際的な価値を高めている展示会です。

アンケート結果より

  • 来場者アンケートからも、他の展示会と比べて差異が無いという声は少なく、多くの来場者は今回のOPIEの特長を実感して下さっております。私どもは、国内最大規模のフォトニクスの専門展示会を目指しており、展示会テーマがその趣旨に合う様に務めております。
  • オプトロニクス社が運営する展示会は、他の展示会にみられる様にエレクトロニクス一般をテーマとした展示会とは併催しておりません。来場者はフォトニクスやポジショニングに関連するテーマを目的に来場されます。具体的な課題を持った来場者が多いのが特徴です。出展社からの声でも来場者の質が高いと評価頂いております。
  • また、専門性の高い併設セミナーの開催により、光技術の様々な分野で活躍される技術者に来場して頂き、展示会テーマに沿った課題を持った来場者の動員を行っております。その効果は55%の出展社の皆様からも評価されています。
  • それらの結果、一人ひとりの滞在時間も長く、複数日来場される方も20%以上いらっしゃり、商談に直結する打ち合わせがブース内でされているケースも散見されました。アンケート結果ではその場で受注された、受注につながりそうだという具体的なリードを得られた出展社は37%に及んでおり、今後のフォロー次第を含めますと97%の出展社が商談の手ごたえを感じております。