OPIE  TOP  English__ オプトロニクス社

出展の見どころ

(株)分光応用技術研究所

レーザーEXPO No. H-21
〒430-0916
静岡県浜松市中区早馬町2-7 早馬ビル5F
URL:https://www.sarli.co.jp

● 担当
社長室 
TEL:053-523-9605 FAX:053-523-9605

● 出展の見どころ
・ 分光イメージングカメラによる2次元分光測定の実例。測定から、波長毎のデータ変換、白黒基準を用いた反射率画像への変換、測定部位を指定、その部位のスペクトル表示、不可視色計算ならびに表示例を示します。さらに、また合成関数を任意の数値に変えた時に、測定対象物の不可視色がどのように違って見えるか等のデモンストレーションを行います。今回、450-1700nm のデモ、380-780m のデモ並びに、ファイバ入力分光イメージングユニット使用例としての空間分解分光法装置SRS-1のデモを行います。

● 出展製品
自動車医療 新製品 デモ
ハイパースペクトルカメラ (AHS-003VIR)

450-1700nm対応、ライン状の部位情報を同時に取得可能な分光イメージングカメラ(ハイパースペクトルカメラ,世界初,当社調査)です。㈱アバールデータ殿との共同開発品。弊社は分光イメージングユニット部担当。(5μpitch,640-512InGaAs使用) 可視-近赤外測定のデモ予定。

自動車医療 デモ
分光イメージングカメラ (Spect-CAM-100vis1,nir1,nir2)

小型分光イメージングユニット(380~780nm)(Spect-100-vis)を内蔵した分光イメージングカメラシステムです。カメラはスキャニング機構内臓のため、2次元分光情報が取得可能です。ソフトウエアは、標準取り込み、簡易RGB表示、波長毎変換画像変換、視野内の標準白黒部位を基に、波長毎の反射率画像作成、ROI指定部位の分光分布表示ならびに再記録、色彩計算、カラーシミュレーション計算が可能です。近赤外領域タイプ600~1100,950~1700nmも揃えております。

自動車医療 新製品
小型分光イメージングユニット (Spect100vis,nir1,nir2)

ライン状の部位情報を同時に取得可能な分光イメージングユニットです。同形状にて、可視域380-780nm、近赤外域Ⅰ600-1100nm,近赤外Ⅱ950-1700nmを揃えております。可視、近赤外Ⅰは1/3Inchセンサ付きカメラ用、近赤外Ⅱは6.42×5.12㎜センサ付きカメラ用。従来品に比べ、大幅に小型化達成。230g<<1.3Kg。

医療 新製品 デモ
空間分解分光装置 (SRS1-vis,nir1)

主に生体用に開発した空間分解分光測定装置です。照明ポイントから距離を隔てて6ポイントの分光透過率を測定できます。追加ソフトウエアを使用し、拡散方程式を解いて、試料の吸収係数と散乱係数を導きだすことが可能です。その後、吸収係数から、試料内部物質の定量、または、散乱係数から透明度などへ変換が可能です。(生体だけでなく、食品(果実、乳製品等が測れます。可視380⁻780nm ,近赤外600-1100nm用を用意。)

● ブース訪問予約/お問合せフォーム
氏名*
会社名*
所属*
E-mail*
電話番号*
お問合せ内容*
お問合せメールを送信いたしました。

__

__

個人情報について  ・利用環境  ・オプトロニクス社について