OPIE'19 TOP  English__ オプトロニクス社

出展の見どころ

(株)プロリンクス
  
レーザーEXPO No. L-2
〒101-0035
東京都千代田区神田紺屋町17番地 ONEST神田スクエア3F
URL:http://www.prolinx.co.jp

● 担当
営業部 
TEL:03-5256-2051 FAX:03-5256-2272

● 出展の見どころ
プロリンクスでは、海外の魅力あるフォトニクス関連製品を取り扱っています。
・ハイパワーレーザー向けマイクロオプティクス
・高精度マイクロレンズアレイ
・レーザー光学系の解析が強み!“Wyrowski VirtualLab Fusion”
・受託解析(熱構造解析/光学解析)
・光ファイバー/端面検査装置
・フィルムやガラス材(板状)の透過率測定、位相差測定装置
・画像処理用産業用カメラ

● 出展製品
自動車医療通信
FACレンズ、SACレンズ等の各種マイクロオプティクス

インジェネリック社マイクロオプティクスはハイパワーレーザーダイオード向け用途に利用されます。高出力LDに必要なFACレンズやビームツイスターオプティクスは高効率・高屈折率により産業用途や民生用途に活用されます。近年では青色LD向けカスタム仕様にも対応しております。

自動車医療通信
フリーフォーム高精度マイクロレンズアレイ

パワーフォトニック社は独自のレーザーマシーニング製法と高い設計技術を持ちます。レーザー直接描画による製造は、特殊ツール・専用マスク不要です。対称構造等のデザイン制約がなく、高い設計自由度を持つ素子は、レーザー加工用途などにおける各種ビームシェーパーに使用されます。また、石英ガラスの使用によりハイパワー対応もしております。

自動車医療
波動光学解析ソフトウェア Wyrowski VirtualLab Fusion

VirtualLabは、幾何光学、波動光学、電磁光学を網羅する他に類を見ない光学シミュレーションソフトです。独自の自動アルゴリズム選択機能により、正確かつ高速な解析を実現しています。他のソフトでは難しい微細構造を含めた光学系全体の解析や、レーザー/LED光用のビーム整形素子設計に強みを持ちます。またヘッドマウント/ヘッドアップディスプレイなどに使用されるライトガイドタイプの光学系や、メタサーフェスの設計が可能です。

自動車医療通信
各種受託解析のご紹介!(熱構造解析/光学解析)

各種受託解析を承ります。ソフトウェアを購入するための検証用途でご利用いただく事が可能です。また、受託解析後のデータを基に解析を進めていただく事も可能です。

自動車医療
位相差測定装置 OPTIPRO-MCS

特徴
 局繰り返し精度に優れており、対象物の実像を鮮明に抽出することが可能です。
 (適用分野: LCD,高額フィルム,高額多層膜,液晶レンズ等)
 -1nm~10,000nm以上の位相差測定
 -繰り返し測定精度3σ < 0.2nm
 -使いやすいインターファイス
 -高い空間分解能、微小領域の面分布測定が可能、幅広い透過型試料の評価に有効
 概寸法(装置本体)
 幅250mm×奥行396mm×高さ500mm
 最大試料サイズ
 100mm角


独IDS社製産業用カメラ

IDS Imaging Development Systems GmbH は、USB または GigE インターフェースを持つ産業用カメラのトップメーカーです。
<IDSカメラの特徴>
・小型でロバストなカメラ
・豊富なラインナップ
 防水防塵・ハイダイナミック・近赤外等あらゆる場面で活躍します。
・インターフェースに依存しないドライバ
 全てのカメラを共通のドライバで動作できます。


光ファイバー端面検査装置 ProView SD/XD

ファイバーを融着などの加工する前に、端面の状態を確認する上で便利な小型測定機です。新たにソフトクランピング機構が追加され、より端面を観察しやすくなりました。
USB2.0のケーブル1本でPCと接続、給電も可能です。撮影した画像データを専用のソフトウェアが画像処理してファイバーの外径、クラッド角度、端面の平坦度を自動で検出します。画像処理されたデータは2Dや3Dで端面の状態確認をするために効果的なメニューを豊富に備えています。素線だけでなくコネクタ対応のモデルもございます。外径125~250µmに対応したProView SDで実演紹介を致します。

● ブース訪問予約/お問合せフォーム
氏名*
会社名*
所属*
E-mail*
電話番号*
お問合せ内容*
お問合せメールを送信いたしました。

__

__

個人情報について  ・利用環境  ・オプトロニクス社について